中国の建設会社がデフォルト回避、十分な資金を調達=関係筋

7月 23rd, 2014

中国の建設会社、華通路橋集団は23日、償還期限をこの日に迎える社債のデフォルト(債務不履行)を土壇場で回避した。元本と金利を合わせて4億元(6451万ドル)償還する必要があったが、十分な資金を調達した。関係筋が匿名を条件にロイターに明らかにした。ただ関係筋によると、資金は上海清算所のエスクロー勘定に預け入れられたものの、これに関し同社はこの日中に正式発表を行わない可能性がある。償還資金は、華通路橋集団の積極的な資金調達に加え、同社の拠点である山西省の自治体が提供したという。[ロイター]

予想はしていたが、また政府による救済措置がとられた。いわゆる問題の先送り、いずれは収拾がつかなくなるわけで、小案件からデフォルトしていったほうが、ソフトランディングできそうなものだが。偽札を含む元を刷りまくってインフレになるか、不動産バブルを崩壊させるか、いずれにしても断末魔だな。

Leave a Reply